【2011年の新車】

全チームから、2011年仕様の新車が発表された。

2009年、2010年に引き続き、格好がよくない幅広フロントウィング、背の高い狭いリアウィング、スリックタイヤが引き続き採用され、大枠変化はないが、マルチディフューザーとFダクトが廃止となり、ダウンフォースがかなり減らされている。
また、2009年以来のKERSの復活、新たに可変リアウィングの導入、更にタイヤの変更(BS→ピレリ)と大きめな変更もあり、大枠継続の中で、いかにダウンフォースを発生させるか、大変興味深い。

ってことで、各チームの新車を見て、ちょっとコメント。
とりあえず各マシンの画像はココ参照。

▼レッドブル(ルノー)
ニューウェイのマシンは一回チャンピオンを取ると、しばらく連続して取ってしまう過去の経緯があるので、今年もチャンピオンマシン確実では・・って思ってしまうくらい、安定してかっこよい。マシン後半、特にリアサス周りの密封っぷりは感動もん。唯一弱点は、去年と同じく、ルノーエンジンとKERSなのかも。

▼マクラーレン(メルセデス)
サイドポンツーンの造形が新しいような・・・あ、そうでもない。超だめマシンだったフェラーリのF92Aあたりを思い出すのはおれだけだろうか。ただ、ルノーが導入してきた前方排気システムも導入しており、実は速いのかも。エンジンに関しては、メルセデス+KERSは最強だと思うので、やっぱ速いのかねぇ。

▼フェラーリ(フェラーリ)
なんかフツー。しかもいきなり名称変更してるし・・・"F150"がフォードの有名トラックと同じだから、"F150th"に変更。テストで安定して速いっぽいから速いかもしれんが、ま、アロンソがんばれ!ってことで。。

▼メルセデス(メルセデス)
今年のマシンは、去年のマシンを全否定しているようなマシン。ハイノーズで超薄いし。カラーリングも、去年はペトロナスの緑とメルセデスのシルバーが全然マッチしてない色合いだったけど、今年は、ペトロナスの緑がいい感じで、超かっこいいと思う。テストでも、シューマッハが復帰後初のトップタイムを刻んで、なんとなくいいかも。エンジンも、メルセデス+KERSは最強だしね。

▼ロータス・ルノー(ルノー)
こっちは色が微妙。でも実は前方排気システムを導入してるし、案外速いかも。
ただ、車以外の部分で、いろいろゴタゴタが・・・「ロータス」の名称使用権で、チーム・ロータスともめているし、クビサの事故でエースドライバー探しが必要だし。

▼ウィリアムズ(コスワース)
速いか遅いかは別にして、今年の一番のびっくりは、ウィリアムズのギアボックス周りの小ささっぷり。ドライブシャフトにかなりの上反角がついているほど、リアデフが低いところにある。マルチディフューザー廃止への対策として、リアウィングの低いところあたりに大量の空気が流れるように各チーム努力しているが、ウィリアムズはやり過ぎってくらいすごい。ただ、大手スポンサーがだいぶ撤退してしまったんで、資金的にあまり大きくないので、シーズン中、開発が進まない可能性もあり、、、どうなることやらって思う。

ココの下から2枚目の写真とかわかりやすいかも・・リアウィングの下あたり、スッカスカ!

▼フォース・インディア(メルセデス)
2009年、2010年、今年とどんどん手堅く速そうなマシンを開発してきている。今年は去年のメルセデスが採用した二分割式のインダクションポッドを採用。エンジンは、メルセデス+KERSの最強コンビなんで、案外速いかもしれない。

▼ザウバー(フェラーリ)
去年に比べ、メキシコの大富豪がスポンサーになり、資金的にだいぶ余裕があるようで、いろいろ期待。可夢偉も2年目だし、エースドライバーとして、いい感じで開発してくれることに期待。昨年途中の加入以降ポイントを安定してゲットできるようにマシンを改良したテクニカルディレクターのジェームス・キーがいるので、安定して速いマシンになっていると思うんで、マシン的にも期待できる。

▼トロ・ロッソ(フェラーリ)
マシン的に脱レッドブルがだいぶ進んできている気がする。サイドポッド下部のえぐりが一番すごいし。ひそかに速いかも。

▼チーム・ロータス(ルノー)
ルノーエンジン+レッドブルのリア周り(リアサス、ギアボックス)の導入と、去年の戦車のような丈夫で重いマシンとは異なるガスコインの攻めたマシンデザインで今年一番のダークホースと思う。マシンもいわゆるブリティッシュグリーンで、こっちのロータスの方がかっこいいし。期待!

▼HRT(コスワース)
とりあえず新車は発表したけど、まだ実走はなし。ウィリアムズのリア周り(去年モデル?)を導入し、それなりに早いかもしれんが、資金的にどうなのか。ちなみに、発表されたマシンのカラーリングは、この間やってた映画「トロン」のデザイナーさんがデザインしたらしい。案外かっこいいけど、ちょい昔のBARホンダのラッキーストライクカラーっぽく見えるのはおれだけだろうか。。

▼ヴァージン(コスワース)
今年も風洞なしでマシン開発。今年のハイノーズブームに乗っからず、ローノーズを採用。さてどうなるのかしら。でも、さすがに2年目ってこともあり、テストで最初からぼちぼち走っているので、実は面白い存在かも。


さてさて、開幕までちょうど1ヶ月。初戦は3/13バーレーン!
新チャンピオンベッテルを含む5人のチャンピオン経験者のバトルと可夢偉の活躍、今年も楽しみ!

| | Comments (1)

【レッドブルワンツー】

ベッテル、ウェバーのレッドブルワンツーで今シーズン終了です・・・F1第17戦アブダビGP結果(ヤス・マリーナ)。
チャンピオンのバトンも意地の3位表彰台。
F1初開催のアブダビ、F1初の夕方スタートと、いろいろ楽しい要素満点の中、序盤は後半戦のチャンピオン、ハミルトンが引っ張り、その後はベッテル独走と、今シーズンの締めくくりとしては、はぎぞー的には大満足。

で、ブラジルに続き、グロックの代走のカムイがまたまたやってくれた。タイヤマネジメントが難しい中、見事ワンストップ作戦を完遂し、6位入賞・・・めちゃくちゃかっこよかったよ。

ってことで、とりあえず結果はここ

ついでに最終ポイントランキングはここ

さてさて、ディフューザーの解釈問題やF1分裂争いなどなど政治的な騒ぎが多かった中、バトン&ブラウンの優勝はとてもよかったと思う。
ってことで、しばらくはストーブリーグを楽しもう。。

・・・と思っていたが、日本人的にはがっかりニュースが2連発。
ブリヂストンが2010年いっぱいで撤退
トヨタが今年限りで撤退・・・トヨタ絡みのカズキ、カムイもどうなることやら。
はぁ、シーズンが終わったばかりだが、すでに、なんかちょっとさびしい・・・_| ̄|○

| | Comments (0)

【JBJBJBJB】

ブラウンGPのジェンソン・バトンが見事、2009年のチャンピオンを決定・・・F1第16戦ブラジルGP結果(インテルラゴス)。
バトン5位、地元ブラジルのバリチェロ8位だったが、コンストラクターでもブラウンGPがチャンピオンに。
元ホンダとはいえ、新規参戦チームが初年度に両部門でチャンピオンになったのは初のこと・・・すばらしいね。

レース自体は、レッドブルのウェーバーが今季2勝目、BMWのクビサ、マクラーレンのハミルトンで、クビサのがんばりが目立ってもよかったが、やはり今回は印象うすめ。

あと、トヨタのグロックが怪我で、リザーブドライバーの小林可夢偉(かむい)が参戦。
今年のレギュレーション上、ほとんどテストがないため、2009年マシンにほぼ乗ったことがないにも関わらず、予選Q2進出、決勝もダウンフォース付け気味のセッティングでストレートスピードが遅い中、強豪を第1コーナーで抑えるあたり、たまらなくファイターっぷりを感じた。
一貴には悪いが、やはり可夢偉の方に強さを持った速さを感じ、日本人的には期待大。

ってことで、とりあえず結果はここ

ついでにポイントランキングはここ

さてさて、今年もあっちゅう間に残り1戦。そろそろ来年のシートも決まりはじめている。
大きなところで決まっているのは・・・
 アロンソ: ルノー→フェラーリ
 クビサ: BMW→ルノー
 マッサ: フェラーリ残留
 ハミルトン: マクラーレン残留
ってことで、フェラーリのライコネンがどこに行くかで、残りのシートが決まっていくかと。。。
トヨタって噂が、、、そしたら、ライコネン&可夢偉で、なかなかいいかもしれん。

とは言いつつ、何はともあれ、11/1最終戦の初開催アブダビGPを楽しもう!!

| | Comments (0)

【ベッテル圧勝!】

鈴鹿初のベッテル圧勝、地元日本でトヨタ・トゥルーリ2位、こっちも鈴鹿初のハミルトン3位・・・F1第15戦日本GP結果(鈴鹿)。
ブラウンの2人もどうにか取りこぼさず、7位バリチェロ、8位バトン。ベッテル優勝でも確実にバトンがチャンピオンに近づいている。

ってことで、とりあえず結果はここ

ついでにポイントランキングはここ

残り2戦で、バトン85点との差は、バリチェロ71点(-14点)、ベッテル69点(-16点)。
数字上はバトン有利だが、07年のライコネンがチャンピオンになった時は17点差だったんで、まだまだわからない。

次回は、10/18いつもは最終戦のブラジル。バリチェロの地元なんで、がんばってほしいやね。

| | Comments (0)

【ハミちゃん圧勝!】

ハミルトンの圧勝、日本GPに期待ができる2位グロック、騒動の最中の意地の3位アロンソ・・・F1第14戦シンガポールGP結果。
ブラウンの2人も取りこぼさず、5位バトン、6位バリチェロ。ベッテル4位で多少ポイント差が縮まったが、それでも確実にバトンがチャンピオンに近づいている。

ってことで、とりあえず結果はここ

さてさて、次はいよいよ日本GP・・・今年は鈴鹿。
鈴鹿初めてのハミルトンやベッテルが、ベテラン相手にどれだけがんばれるか期待!

| | Comments (0)

【久しぶりのワンツー】

バリチェロ、バトンの久しぶりのブラウンGPのワンツーフィニッシュ・・・F1第13戦イタリアGP結果(モンツァ)。
3位は最終ラップのハミルトンのクラッシュで、棚ぼたの地元フェラーリのライコネン、4位は前戦から好調のフォースインディアのスーティル・・いい仕事したよ。

ってことで、とりあえず結果はここ

チャンピオンシップ争い中のレッドブルは、ベッテルがやっとの8位、ウェーバーはリタイアと、ブラウンの2人からちょっと離された。
ま、しかし、今回のブラウンの2人は、燃料満タンに近い状態で、ツーストップ作戦のハミルトンやライコネンに余裕で付いていったんだから、本当に速かった。仕方なしだな。

さてさて、早いもので、ヨーロッパラウンドはこれで終了。
残り4戦はシンガポール(ナイトレース)→日本→ブラジル→アブダビ(初開催)とおもしろいサーキットばかり。
チャンピオンシップ争いの4人に、その他のみんなが毎戦全開で絡んくる感じで、まだまだ楽しそうだ。
次は、9/27夜のシンガポール・・・非常に楽しみ。

| | Comments (0)

【さすがのフェラーリと驚きのフィジケラ】

今年初のフェラーリのライコネン優勝と、フォースインディアのフィジケラの驚きの2位入賞・・・F1第12戦ベルギーGP結果(スパ・フランコルシャン)。

予選は、フォースインディアのフィジケラがチーム初のPP。予選Q1もトップタイムだし、Q3もそんなに燃料積んでなかったみたいだから、本当に今回は速かったみたいだ。
で、決勝は1周目で、ハミルトン、バトンを含むクラッシュがあって、しょっぱなからセーフティーカーが入ったが、さすがのKERSパワーでフェラーリのライコネンが予選6位からの優勝。

ってことで、とりあえず結果はここ

チャンピオンシップ争い中のみなさんは、バトン、ウェーバーがポイント圏外、ベッテルが3位、バリチェロが7位とまたまた微妙にバトンが突っつかれてる感じで、盛り上がってるやね。

ついでに、今回フォースインディアがポイントを取ったことで、今年はすべてのチームがポイント獲得。近年まれに見る混戦ぷりで、前半のサーキット外のいろんなゴタゴタがすっとんだ感じで、こっちも盛り上がってるやね。

来年のレギュレーションは、シャシー&エンジンに関しては、レース中の給油がなくなる以外、今年とほぼ同じ方向らしいので、前半調子の悪かったマクラーレンやフェラーリも、引き続き開発を続けるらしいので、消化試合的な感じもなくなって、最終戦まで楽しめそうだ。

というわけで、次はフェラーリの地元イタリア、9/13です。
マッサの代理のバドエルは多分今回でクビ、次は今回大活躍のフィジケラが乗るとの噂もあり、明日の発表が楽しみ。

| | Comments (0)

【おっさんかっこいいよ!】

ブラウンGPのバリチェロ(37)が5年ぶりの優勝・・・F1第11戦ヨーロッパGP結果(バレンシア)。
完全復活の予選ワンツーのマクラーレンを振り切っての優勝だよ。おっさん、かっこいいよ。
2位はハミルトン、3位はライコネンとフェラーリも復調だ。
バトンはやっとの7位。
んでブラウンの直接のライバルのレッドブルは2人ともポイント圏外。

ってことで、とりあえず結果はここ

これでチャンピオンシップランキングは、バトン、バリチェロとブラウンがワンツー。
まだまだ6戦残っているが、このタイミングで復調してきたブラウン&まだまだポイント差のあるバトンがチャンピオンに一票!

ついでに、ここ最近のニュースを・・・
▼BMWが今年限りでの撤退を発表した。でもホンダみたいにどうにかチームを残せるようにがんばってるみたい。
▼ルノーチームのヨーロッパGPの出場停止を回避。かわりに罰金。
▼ルノーのピケがクビになった。代わりはGP2を走ってるロメイン・グロージャン・・23歳のフランス人。いいよ。
▼マッサが元気になった・・・でも多分地元のブラジルまでは復活しないかな。。
▼マッサの代わりが、シューマッハになりそうだったが、今回はテストドライバーのバドエルになった・・・が、遅かった。
▼でも、今回のヨーロッパGPの舞台はシューマッハが走った経験がないから、あえて今回の復活はなくしたのかも。次のベルギーで復活なんかしたら、ドイツに近いから、盛り上がっちゃうよ。
▼トヨタがウィリアムズへのエンジン供給を止めるらしい。
▼トゥルーリがトヨタから抜けるらしい。
▼レッドブルのドライバーは来年もウェーバー&ベッテルで決定。
▼来年参戦予定の『チームUSF1』のスポンサーがYouTubeになるらしい。
▼来年はレース中の給油がなくなる。これにあわせて、予選のQ3が、現在の決勝スタート時の燃料量を入れた状態からのスタートではなく、燃料量ぎりぎりのちょう軽状態での全開アタック合戦になる。久しぶりに楽しいよ。

こんなもんかな。

次は今週末のベルギーGP。ブラウン、レッドブルにマクラーレン、フェラーリが絡んだおもろいレースに期待!

| | Comments (0)

【今更だがハミルトン】

去年のチャンピオンのマクラーレンのハミルトンがやっと優勝・・・・F1第10戦ハンガリーGP結果(ハンガロリンク)。
2位にフェラーリのライコネン、3位にレッドブルのウェーバー。
マクラーレンはコバライネンも予選から好調で決勝5位と、マクラーレンは復活したっぽい。でも、毎年マクラーレンはハンガリーに強かったりする・・去年はコバライネンが勝ってるし・・ので、たまたまかも。

で、ブラウンのバトンは7位がやっとだったが、ベッテルがリタイアだったんで、とりあえず被害を最小限に抑えられたっぽい。

PPのルノーのアロンソは、ピットでのタイヤ交換ミスで、走行中にタイヤが外れる失態を犯しリタイア。で、今のレギュレーションで、タイヤが外れた時にどっかにすっ飛んでいかないようにきちんとワイヤリングしないといけないのだが、これがうまく機能しなかったんで、次戦ヨーロッパGP・・・バレンシアなんでアロンソの地元・・・は出場停止らしい。

ってことで、とりあえず結果はここ
ついでに、現在のポイントランキング

ポイントランキング、実はよく見たらウェーバーが2位だったりする。
今回のマクラーレンやフェラーリ、ルノーの速さが本物だとすると、バトン有利に話が進むやね。
レッドブルより前にマクラーレンとかがいつも入っていけば、最小限の被害で最終的にバトンがチャンピオンかと。

で、アロンソの次戦出場停止処分だが若干厳しい感じがするが、予選で前を走ってたバリチェロのマシンのなんかのスプリングがはずれて、マッサのヘルメットに直撃して頭蓋骨骨折したり、その前週に、F1のちょい下のクラスのF2で今回のアロンソと同じようにタイヤが外れて、それの直撃で死亡事故が発生してたりしてるんで、しっかりしろよって意味で出場停止にしたんじゃなかろうかと思う。

ただマッサは今季中の復活が厳しいくらい重症なんで、フェラーリのシートが余る。で、このシートをめぐって、いろんな噂が。。。
シューマッハが復活するとか、来年フェラーリへの移籍が噂されるアロンソが都合よく出場停止なので1戦だけ乗るとか・・・・ま、東スポレベルな感じもするが、これはこれで楽しいやね。

さてさて、ちょっと夏休みをはさんで、次は8/23真夏のバレンシア公道サーキットのヨーロッパGP。
去年は単調レースだったが、今年は混戦になりそう。またまた期待!

ついでに、今日BMWザウバーが今年いっぱいで撤退を発表した。
これでメーカーで残るのはメルセデス、トヨタ、ルノー。フェラーリもメーカーだが規模感が違うので除外。
トヨタ、ルノーも撤退してもおかしくない状況になりつつあるやね。
せっかくFOTAとFIAの対立が収まってきたのに、来年はどうなるんじゃろと、、ちょっと気になる。

| | Comments (0)

【130】

レッドブルのマーク・ウェーバーが130戦目の初優勝・・F1第9戦ドイツGP結果(ニュルブルリンク)。
2位にベッテルが入り、前戦に続きレッドブルのワンツー。
3位にフェラーリのマッサが入り、今季初の表彰台。
で、ブラウンはバトン5位、PPスタートのバリチェロ6位とまたまた惨敗。いくら涼しすぎといっても、ちょっとやばいくらい、これまでの速さ・・戦略やピット作業とかも含む・・がなくなってる。やばいね。

ってことで、結果はここ

今更ながらだが、結果ではコバライネンの8位がやっとだが、マクラーレンは純粋な速さ的には復調の兆し。
他にも、フェラーリもいい感じだし、ルノーのアロンソは決勝のファステストラップを記録したし、実はフォースインディアも速くなってきてるし、ウィリアムズもそれほど落ちてないし、相対的に前半調子がよかったブラウン、トヨタの下降っぷりが目立つ感じがする。

ってことで次は7/26ハンガリー。コースが小さく抜くのが難しいので、予選がかなり重要。
とりあえずバトンとベッテル、21ポイント差なんで、まだ多少バトンに余裕ありだし、次からブラウンは大幅アップデートするらしいし、上り調子のレッドブルがどこまでがんばれるかが見所だな。

ところで、FIAとFOTAの戦い、まだまだ分裂の危機は去っていないようだ。FIA会長のモズレーが相変わらずの独裁者っぷりで、、、はよ決着して欲しいやね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧